中川真依

名前
中川真依(なかがわ まい)
生年月日
1987年4月7日
出身地
石川県小松市
サイズ
身長156cm / A型
学歴
金沢学院大学 経営情報学部 卒業
金沢学院大学 大学院経営情報学研究科 修了
(修士:経営情報学)
資格
所属
【競 技 歴】
2004年 日本選手権 高飛び込み 優勝
2005年 日本選手権 高飛び込み 優勝
2007年 日本選手権 シンクロ高飛び込み 優勝
2008年 日本選手権 高飛び込み 優勝
2010年 日本選手権 高飛び込み 優勝

【国際大会 競技実績】
2005年 世界選手権 シンクロ高飛び込み 9位
2007年 ユニバーシアード 高飛び込み 3位
2008年 ワールドカップ 高飛び込み 6位入賞
2008年 北京オリンピック 高飛び込み 11位
2012年 ワールドカップ 高飛び込み 7位入賞
2012年 ロンドンオリンピック 高飛び込み 18位
2015年 ユニバーシアード 高飛び込み 3位
トランポリンを習っていたのがきっかけで、小学1年より飛込競技を始める。
中学3年で世界ジュニア選手権に出場。高校1~2年とインターハイ、国体を2年連続で制覇。
また高校2年から日本選手権の女子高飛び込みで2連覇を達成する。
その後、2008年 北京で行われたワールドカップで決勝進出を果たし6位入賞。
勢いそのままに8月の北京オリンピックでも決勝進出し11位と健闘した。
2010年の日本選手権で後ろ宙返り3回半抱え型(通称 207C)を成功させ、総得点373.85で
自身2度目の連覇(通算では5回目の優勝)。
2014年博士前期課程(修士:経営情報学)を修了後、拠点をアメリカに移し練習を重ね、
2015年にはユニバーシアード大会にて3位入賞と結果を残した。

今シーズンを最後に現役を引退予定。
今後は飛込競技というスポーツを通じて得た経験を基に、新しい可能性を育む活動や、
スポーツの素晴らしさ元気や感動を多くの人々に伝えていきたい所存です。