田中康夫

名前
田中康夫 (たなかやすお)
生年月日
1956年4月12日
出身地
東京都
学歴
一橋大学法学部卒業
作家
元長野県知事/元衆議院議員/元参議院議員
  • 田中康夫 公式サイト
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
出演情報
【TV】
TOKYO MX「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)
TOKYO MX「田村淳の訊きたい放題!」(毎週土曜17:00〜)

【ラジオ】
Fm yokohama84.7「たまらなく、AOR」(毎週火曜24:00〜)
TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線/今朝のニュースピックアップ」(毎週火曜6:03〜)
TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送/常連さんに聞いてみよう」(毎週土曜9:20頃〜)

【雑誌】
「月刊VERDAD」田中康夫の新ニッポン論
「ソトコト」浅田彰・京都造形芸術大学院教授との対談『憂国呆談』
小学2年生から高校卒業まで信州の上田、松本の両市で過ごす。
一橋大学在学中に「なんとなく、クリスタル」(2014年)で『文藝賞』受賞。
100万部を超えるベストセラーに。
阪神・淡路大震災4日後から50ccバイクに跨り、ボランティア活動を1年間継続。

・2000年〜2006年 長野県知事
1日の利息の支払いが1億4800万円に達し、財政再建団体転落寸前だった財政を47都道府県で唯一、6年連続で債務残高を計923億円減少させ、プライマリーバランスも7年度連続で黒字化。伏魔殿だった外郭団体の9割を整理・統廃合。「『脱ダム』宣言」に基づく森林整備、木製ガードレール、入札制度改革等の地域密着型公共事業を推進。小学校30人学級を全国で最初に全学年で導入。介護と保育を一つ屋根の下で行う老保一元化の宅幼老所を350カ所開設。
「信州 新医療圏 構想」を策定。年率5%を超える実質経済成長を達成。

・2007年〜2012年 参議院議員、衆議院議員

・2014年に「33年後のなんとなく、クリスタル」を出版。
高度消費社会を経て、超少子・超高齢社会に直面するニッポンの歩むべき道筋を示し、なかにし礼、福岡伸一、ロバート・キャンベルの各氏らに評価される。
CX「笑っていいとも!」
CX「たけし・逸見の平成教育委員会」
CX「SMAP×SMAP」
EX「Oh!エルくらぶ」
YTV「Beアップル2時!」
BS 日テレ「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」
BS11「田中康夫のにっぽんサイコー!」

他多数
「サンデー毎日」
「月刊VERDAD」
「週刊 東洋経済」
「VOGUE JAPAN」
「週刊SPA!」
「日刊 ゲンダイ」

他多数
2014年
「33年後のなんとなく、クリスタル」(河出書房新社)

1996年
「神戸震災日記」(新潮社)
「いまどき真っ当な料理店」(ぴあ)

1988年
「ムーンウォーク マイケル・ジャクソン自伝」翻訳 (河出書房出版)

1987年
「昔みたい」(新潮社)

1984年
「たまらなく、アーベイン」(河出書房新社)

1981年
「なんとなく、クリスタル」(河出書房新社)

他多数